×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

web-magazine GYAN GYAN

       
だまって、コイツを聴いてくれ!(第3回)
「ウィッシュボーン・アッシュ/百眼の巨人アーガス」
WISHBONE ASH/ARGUS
CD/MCAD10234 1972年
このCDは、2001年9月に、日本盤が再発されます。
 
1.TIME WAS
2.SOMETIME WORLD
3.BLOWIN' FREE
4.THE KING WILL COME
5.LEAF AND STREAM
6.WARRIOR
7.THROW DOWN THE SWORD
  (BONUS TRACK 8.NO EASY ROAD)

 バンドにギタリストが2人いたら、どんなアレンジをする?

 1人がリズムギターに徹し、もう1人にリードギターを任せる。1人は、スライド専門のギタリストとする。同じフレーズを、2人でハモる。ちょっと高度に、ノリの違う2人にシンクロさせ、ポリリズムを生み出す…。

 バンドの音が、格段にカラフルになることは、誰にでもわかる。
 しかし、当のギタリスト側からすると、プレイに制約が与えられた感じになるものだ。相手のことを考えなければならないので、好き放題にギターを弾くわけにはいかない。もう1人のギタリストが、なんとなくうっとおしく、邪魔な存在に思える時がある…。
 キーボード・プレイヤーと組む場合とは、明らかに違う状況が展開されるのだ。

 「ハモりのフレーズを打ち合わせても、ステージでのジェフ(ベック)はその通りにプレイをしたことがなかった。」とボヤいたのは、ヤードバーズ時代のジミー・ペイジ。
 「スコット(ゴーハム)のヤツ、俺よりもギターがヘタなくせに、ひとりで女にモテやがって!」信じられないことだが、ゲイリー・ムーアがシン・リジイを脱退した理由のひとつだ。

 こうしてみると、ウィッシュボーン・アッシュの2人のギタリスト、アンディ・パウエルとテッド・ターナーのコンビネーションは、奇跡の存在といえるのではないだろうか?

 『百眼の巨人アーガス』における彼等は、お互いのプレイを抑制することなく、自由奔放にギターを弾いている。心地よいリズムギターの応酬、交替でソロを弾く、ハモりをキメる…。そして究極は、お互いが違う展開のギターソロを同時進行させる、という前代未聞のプレイだ。

 

 

 

   
1971年頃のライヴから。
左:アンディ・パウエル、右:テッド・ターナー。
左から
アンディ・パウエル(G&Vo)、マーティン・ターナー(B&Vo)、
スティーヴ・アプトン(Ds)、テッド・ターナー(G&Vo)。
   
     

 柔和な感じがする、アンディ・パウエルは、ギブソン・フライングVがトレードマークだ。一方のテッド・ターナーは、いかにも“ロック・ギタリスト”という風貌で、フェンダー・ストラトキャスターをかまえる。
 ルックスとギターの好みから予想される、2人のプレイは、ライナーノーツによって見事に否定されてしまう。ライナーノーツには、それぞれがソロをとる曲名と場所が明記されているのだ。
 実は、テッドが“泣き”のフレーズ専門なのである。
 そして俺は、この一見華やかな風貌に繊細な影をたたえた、テッド・ターナーが大好きだ。

 “泣き”といっても、ウィッシュボーン・アッシュのそれは、ブルースよりもブリティッシュ・トラッドからの影響を強く感じさせる。それは、
「ザ・キング・ウィル・カム」「戦士(WARRIOR)」といった、ハードな曲のメロディー・ラインにも顕著に表れている。
 
「タイム・ワズ」のイントロ部分や「リーフ・アンド・ストリーム」で聴ける、限りなく透明感あふれる音は、ギター2本の響きからしか生まれてこないものだ。目をつぶると、森や小川といった静寂な景色が拡がってくる。
 
「サムタイム・ワールド」は、そんな彼等の持ち味が120%生かされた傑作である。ここでは、静と動の見事なバランスを堪能することができる。

 そして、アルバムラストに収録されている、
「剣を棄てろ(THROW DOWN THE SWORD)」。この曲の後半で、史上もっとも美しいツイン・リードギターを聴くことができる。

 2人のギタリストは自由奔放に、それぞれのギターソロを構築している。しかし、それは決して混乱したものにはならず、見事な調和を生み出している。お互いのプレイを理解し、尊重し合わなければできない芸当である。文字にしてしまうと、簡単そうに感じられるかもしれないが、実現するのは非常に困難である。それゆえに、ウィッシュボーン・アッシュは、“ツイン・リードギターのパイオニア”と呼ばれるのだ。彼等の前にも後にも、このようなバンドは存在していない。ツイン・リードとは、本来このようなプレイを指すのだ。

 ウィッシュボーン・アッシュの成功に刺激されて、この後2人のギタリストを擁するバンドが星の数ほど出現した。しかし俺は、『百眼の巨人アーガス』を超える作品に、今だかつて出会ったことがない。
 バンドにギタリストが2人いたら、どんなアレンジをする?
 『百眼の巨人アーガス』は、この問いに対する回答をすべて詰め込んだ、究極の1枚といえるだろう!

 

 

 

これが、“ウワサ”のテッド・ターナー。
カッコイイでしょ?
同じく、スティール・ギターを弾く、テッド。
 
 
ウィッシュボーン・アッシュは、現在も活動を続けている。
ただ一人、オリジナル・メンバーとして在籍しているのが、アンディ・パウエル。
K-1にでも出てきそうなルックスになってしまった。(笑)
   
PS:ここから下の画像は、イギリスのウィッシュボーン・アッシュ・ファンクラブからプレゼントされた、彼等の最新の姿。(2001年3月)
 雑誌やwebでは未発表の、貴重な画像ばかりなのだ。
Thanks!Leon.
 
   
かなり小さなライヴ・ハウスのようだ。
Benって、極楽とんぼの加藤に似てない?(笑)。
現在のアンディの相棒は、Ben Granfelt。
左から、Bob Skeat(B)、Ben Granfelt(G)、
アンディ・パウエル、Ray Weston(Ds)
   
画像提供:Leon