×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

web-magazine GYAN GYAN

 
  17の夏空にUFO  
あれは、高校生活最後の夏休みを目前に控えた、1979年の6月のことだった。
俺は、高校の廊下で、2年の時同じクラスだった、QUEENファンのS江に呼び止められた。
「たしか、UFO好きだって言ってたよね?」
「あぁ…、好きだよ。マイケル・シェンカー!」
「マイケル脱退しちゃったから、ダメかぁ…。」
「?」
「…あのね、今夜のUFOのチケットがあるんだけど、いっしょに行かない?」
俺は即答でOKした。なぜ、そんな気になったのかは、よく覚えていない。

その日は特に予定がなかったので、たいして持ち合わせがなく、S江に晩メシをおごったら、帰りの電車賃ぐらいしか残らなかった。おかげで、パンフすら買えなかった。

空席が目立つ会場に向かって、UFOはあまり気合の入っていない演奏をかました。
気合は入っていなかったけど、メンバーは妙に楽しそうだった。
そして俺らも、スゴク楽しんだことを覚えている。

でも、UFOの演奏はあまりよく覚えていない。
記憶にあるのは、楽しそうに笑うS江の顔ばかり…。
学校ではおとなしくて存在感のない娘だったので、ちょっと意外な素顔だった。

へぇ…。コイツ、ずいぶん歯並びが綺麗なんだ。
少し大きめの八重歯が、チャームポイントかな?
けっこう、笑顔がカワイイじゃん…。

コンサートが終わって、途中まで同じ地下鉄に乗って帰った。
俺が「送って行こうか?」と言うと、S江は「ありがとう、でもだいじょうぶだよ。」と言ったので、K駅でバイバイした。

S江との接点はそれっきりだった。

それ以降、彼女は人前でそのことを一度も口にしなかった。
俺も、悪友たちには何も言わなかった。
当時の俺には、他にレッキとしたカノジョがいたからだ。

それから、20年近く時が過ぎた。

俺は、同窓会でS江と再会した。
彼女は立派な主婦になっていたが、初々しい笑顔は当時のままだった。
俺のグラスにビールを注ぎながら、S江が話かけてきた。

「覚えてる?二人でUFOのコンサートに行ったこと。」
「忘れるわけないじゃん!でも、オマエ、何で俺を誘ったの?」
「…今だから白状するけど。いっしょに行くことになっていた彼氏にフラレちゃったからなの。」
「それで、俺かぁ?でも、まぁ楽しかったから、よかったじゃん。」
「うん、楽しかったね…。でも私変なの、UFOのことはほとんど覚えていないの。」
「?」

S江の瞳が一瞬、潤んでいるように見えたのは、酒に酔ったせいだろうか?
「記憶に残っているのはねぇ…。あなたの横顔とか、ゴハンおごってくれたこととか、帰り道に話した事とか…、そんなことばっかりなの。」

えっ?俺の胸の奥が、軽くトクンと鳴った。
コイツ、俺と同じだ…。

「ハハハ…。ヘンなやつー!」
とっさに、俺はS江とカンパイをした…。
「そうよね…。ヘンだよねー!」
彼女も、一瞬にして何かを振り払ったようだった。

なんだか、忘れていた落とし物を、二人で見つけたような気がした。
今さら見つけても、何の役にも立たない落とし物だけど…。

17歳の夏。
青い空と白い雲。
UFOと俺たち。

青春ってやつかなぁ?
 
   
同じステージの続き。
 左:フィル・モッグ(Vo)、右:ピート・ウェイ(B)、
 後方:アンディ・パーカー(Ds)。
 躍進中のバンドならではの、オーラと熱気にあふれた、
 貴重な瞬間が見事にとらえられている。
夏川翠さんが撮影した、1974年マーキーにおけるUFO。
 フライングVをかまえる、マイケル・シェンカー!
 
  画像提供: